当ブログではバドミントンに関する情報を発信します。
バドミントン・ツウ TOP > スポンサー広告 > アジア大会2014|男子団体戦決勝は韓国が優勝バドミントン・ツウ TOP > 大会情報(海外) > アジア大会2014|男子団体戦決勝は韓国が優勝
プロフィール

ラック

Author:ラック
はじめましてラックと言います!
当ブログではバドミントンに関する情報を発信していきたいと思います。

ツイッター始めました。基本的にフォロー返しますので、宜しければフォローお願いします!@Bado_Tsu

スポンサーサイト
最新トラックバック
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
韓国の仁川で開催されているアジア大会は9/23に男子団体戦決勝が行われました。
また9/24からは個人戦が実施されています。


男子団体戦決勝の詳細は下記の通りです。


韓国男子vs中国男子
●S1 
 ソン・ワンホ 2-1 チェン・ロン

●D1
 イ・ヨンデ/ヨー・ヨンソン 2-0 シュー・チェン/ツァン・ナン

●S2
 イ・ドンクン 0-2 リン・ダン

●D2
 キム・キジュン/キム・サラン 1-2 カイ・ユン/フー・ハイフェン

●S3
 イ・ヒョンイル 2-0 ガオ・ファン

韓国が3-2で中国に勝利しました。
韓国男子はアジア大会男子団体戦で見事優勝を果たしました。



韓国はダブルス2本が強力なので、S1のソン・ワンホが勝利したのが大きいですね。
林丹やカイ/フーが勝ったのは流石ですが、韓国のベテラン イ・ヒョンイルはベテランらしく大一番でも見事勝利しました。

バドミントン アジア大会2014 男子 韓国優勝



次にここまで行われている個人戦で今日までに勝ち上がっている日本人選手は以下の通りです。

●MS
 田児賢一
 桃田賢斗

●MD
 早川賢一/遠藤大由
 園田啓悟/嘉村健士

●WD
 松友美佐紀/高橋礼華

●XD
 早川賢一/松友美佐紀


田児と桃田は共にベスト16進出です。
田児は次勝てば林丹との対戦です(林丹も勝利すれば)。
MSの桃田は次戦で中国のチェン・ロンと対戦です。


MDの2組はベスト8進出です。
次戦は早川/遠藤がマレーシアのタン・ウィーキョン/ゴー・ウェイシェムと対戦。
園田/嘉村は韓国のキム・キジュン/キム・サランと対戦です。
団体戦で勝利しているので、個人戦でも勝利してメダルを獲得してほしいですね。


WDの松友/高橋はベスト4に進出し、個人戦でのメダル1号となりました。
次は中国選手も次々と撃破して勢いにのるマレーシアペアとの対戦です。


XDの早川/松友はベスト16に進出しました。
次戦は第1シードである中国のツァン・ナン/ツァオ・ユンレイとの対戦です。


個人戦もいよいよ始まりましたね。
日本人選手は団体戦同様にベストを尽くして、メダルを獲得することを願っています。
個人的にはMSの田児vs林丹の試合がぜひ実現して欲しいですね。


今日はこのへんで失礼します。
お疲れ様でした!

2014/09/25 23:59 大会情報(海外) TB(0) CM(2)
コメント
ベテラン勢はプレッシャーのかかる場面で強いですね。やはり長年の経験からプレッシャーの対処法を心得ているからでしょうか。
2014/09/26 01:00  URL [ 編集 ]
きっとそうでしょうね。
これまでのスター選手がベテランの域に達してきて、少しさみしくはあります。
けれども勢いのある若手も出てきており混戦なのも面白いですね。
2014/09/27 22:52 ラック URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://badminton327.blog.fc2.com/tb.php/81-70261b99
楽天おすすめ
おすすめバドミントングッズ
バドミントンリング
ブログランキング
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。